車の買い替えどきについて

クルマの買い替え時っていつぐらいなのでしょう。日本ではよく、走行距離が10万kmを越える(いわゆる過走行車)と、下取り価格(市場価格)がガクンと落ちる傾向があるといわれます。買い替えるならそうなる前という人が多いようなので、必然的に7~8万kmくらい走行すると、下取りを前提とした「買い替え時期」となるのかもしれません。
環境省_特定特殊自動車排出ガス規制法

逆にいうと、消耗品やメンテナンスを繰り返し、10万kmを越えても走り続けるクルマもあるわけですから、そういうクルマのオーナーにとっては「自動車は寿命が尽きるまで乗ってあげて、廃車になるまで面倒を見てあげるべきもの」ということなんでしょう。

そして、そのちょうど中間的な存在として「すでに走行距離が10万kmを越えて、市場価値は0になってしまったが、故障を修理したり、メンテナンスを行う頻度や費用が廃車買取りこちらかなり上がってしまったので、手放すことにした」というパターンもあることでしょう。

最後のパターンで持ち主を離れたクルマは、その後海外(特に発展途上国)へ輸出され、それこそ動かなくなるまで使われるということも多いようです。

実は海外では、事情が多少異なります。上記の中でいうと2番目の「自動車は使い切る」という人が比較的多いということなのです。もちろん何もせずに10万kmをはるかに越えて走るクルマはあまり無いでしょうから、自ずと大がかりな整備やメンテナンスが必要となることもしばしばです。
自動車損害賠償保障法

日本の自動車オーナーが「一切自分では整備することなく自動車を手放す傾向が強い」のに対し、海外の自動車オーナーには「手間をかけて面倒をみてあげれば、自動車は長い期間、問題なく走ってくれるのだから、ディーラーや修理工場だけに任せるのではなく、自分でも日々こまめに整備をしよう」という感覚の持ち主が多いのかも知れません。
軽自動車 廃車ドットコム
これはたとえば北米の多くの地域では、移動手段として自動車が必需品であり、所有年数と走行距離の関係が、日本の大都市圏とは比べようもないことからもわかるように、「自動車がその社会の中でどういう役割をもっているか」ということにも起因することであり、一概にどちらがどうということが出来ません。

このように日本と海外を比べてみると、自動車の買い替え時期を決定しているのは、自動車そのものの性能や耐久年数ということよりも、自動車を取り巻く環境や文化、そして何よりユーザーの価値観が大きく関係しているといえるようですね。